光脱毛 日焼け

MENU

光脱毛と日焼けの関係

光脱毛とは主としてサロンなどで採用されている脱毛方法です。IPL脱毛、フラッシュ脱毛などの種類がありますが、基本的な原理は同じです。具体的には、白色ランプから放たれる強力な光を身体の表面に照射して、その熱で毛及びその周辺にあって発毛をつかさどる組織を破壊するというものです。ダメージを受けた毛は1〜2週間程度経つと自然に抜け落ちます。ただし処理できるのはそのとき生えている毛だけですので、すべての毛を処理するにはヘアサイクルに合わせて複数回施術を受ける必要があります。それほど強い光をあてて肌を痛めないか、という心配は必要ありません。というのも光脱毛に使用する光は、特殊なフィルターを使って黒い色素にのみ吸収される波長のものを取り出しているため、毛の生えていない部分にはダメージを与えません。ただし例外もあります。それは日焼け肌の場合です。日に焼けた肌には毛に含まれるのと同じメラニン色素が多く集まっています。もしその状態のまま施術を受けるとひどい痛みを感じて危険です。そのため日焼け直後は処理を控える必要があります。